光 しみ治療

光によってしみを治療する!

しみ治療には様々なものがありますが、その中に光を用いるものがあります。
IPLという光をしみのある部分にあてて、治療をします。
しみの原因になるメラニン色素を破壊し、コラーゲンの増量を促すことから、しみ治療だけでなく、たるみや小じわの解消効果もあります。
波長の差が、レーザーと光の異なっている部分です。

 

レーザー治療よりも光治療のほうがマイルドで皮膚の浅い部分にのみ効率よく働きかけるので、治療後にテープを張る必要はありません。
一回の照射は1p×2pで、顔の広い範囲を治療することが光ではできるでしょう。
顔全体にあてることができるしみ治療なので、透明感が出たりハリがアップしたりします。
低出力の光線しか扱えないため、光を使う治療では皮膚の奥深くまで影響を与えることはできませんが、濃いしみを薄くすることはできるといいます。

 

近年では、ライムライトという日本人の肌質を想定した光治療の機械が関心を集めています。
ライムライトは、個々人の肌の状態や色に合わせて設定を変えることで、薄いしみでも無理なく治療ができます。
肝斑のというしみの治療にも効果的です。

 

光によるしみ治療の後1週間は強くこすって刺激を与えるのは避けましょう
しみがかさぶた状に浮き上がり、勝手に剥がれ落ちるまで、手を触れないでそっとしておきましょう。

 

光によりしみ治療は案外気軽に受けられるものなので、一度クリニックなどで相談してみると良いでしょう。